読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hinodemukaidori

『あそこには日蔭もあり、風もほどよく吹いています。それに、草が生えていて坐ることもできるし、あるいはなんでしたら、寝ころぶこともできます。』   (藤澤令夫訳プラトン著『パイドロス』)

件名:ひのでです。相談のお礼と、イベントの件―いいわけの日記を添えて―

○○先生 こんにちは。先日は発表の相談にのっていただき、ありがとうございました。古い図版をみてみると、先生のご指摘の通り文人画的な作品ばかりに重点がおかれており、晩年の作品は載っていないことが多々ありました。ですのでかれに対する論考を読む際は…

『私は生まれなおしている』

部屋の片づけがしたくなり、加えてどうでもよい文をかきたくなっているこの状態。こうした欲求がなにを意味しているかというと、僕にはやるべき課題があり、でもまだなにも手をつけておらず、あと2日と半分しか残された時間がないということを意味しているの…

文学部の授業で会えるいろんなバカを分類しよう2

前回の続き。あんまりバカバカいっていると本気で怒られそうだしひどいヤツ、と軽蔑されそうなのでこれくらいにしておきます。でも、前も言ったようにバカを愛しているんだって!ほら、本気で嫌いだったら聞く耳持たないし、こんなに書こうとも思わないでし…

文学部の授業で会えるいろんなバカを分類しよう1

友達が教えてくれたなにかの小説の一節に、こんなような内容のものがありました。「バカのよいところは、バカなりに創造性を働かせたり、突拍子もない事をいうというところにあるのに、かしこぶったバカは、そうしたバカのよいところがなく、これが一番救い…

風邪をひいたのでネイバーまとめ記事名メーカーつくりました。

ポカリを飲んだときに粉っぽいとか苦いと感じたら、こりゃ風邪ひいたな、と思います。 ゴールデンウイークの出だし3日間を、危うく何もしないで過ごすところでしたが、初日に風邪をひいたことで、ただの惰眠が意味のある休養となりました。僕の部屋では、二…

午前2時から6時の脳内

(内容は起きてから読み返してもよくわからないです。あくまでも無意味な徹夜が収集のつかない文章を生み出す例としてお楽しみください) 手元の時計で午前2時。春休みに帰省してからはだいたい毎日が午前4~5時に就寝、夕方の4時頃起床というサイクルで執り…