むかいどり出版

創作童話とおいしいコーヒーが楽しめます。

ヤブイヌと暗い部屋

霧雨が降る夕暮れでした。秋めいた日で、体にまとわりつく雨粒はどんどん体温を奪い、雨を吸い込んだズボンは漕ぐペダルまで重くしていきました。ぼうっと、さっきまでの霧とは違う、暖かくて湿ったにおいがやってきました。温泉が目の前に現れたのです。鼻をつんとつく硫黄のにおいのしわざか、湯で芯まで温められた僕のからだが、スクリーン状になった白い霧の上に即座に投影されてみえました。

「貸しタオルもお願いします」いいものでした。帰り、ロッカーに入れて生臭くなった服にもう一度袖を通してプラマイゼロでしたけど。さて、今回ご紹介するのは、ヤブイヌステッカーです。

suzuri.jp

みなさんはヤブイヌ、ご存知ですか。クマみたいなタヌキみたいな、犬です。ステッカーにしました。メスはマーキングの時にさか立ちします。

 

体重計にのると、針は実家で太って以来の数値のあたりで定住していました。ところが1時間後、温泉からあがり今一度はかると、なんと600グラムも減っていました。これは大変です。もう一時間もたてば、僕はさらに600グラム、計1.2キロもやせる計算になります。このままいけば数日後には存在が消えてしまいます。慌てて、体重補給のためにビールと枝豆をおなかへ入れました。あぶないところでした。さて、今回はもうひとつご紹介したいものがあります。こちらです。

suzuri.jp

あーちすちっくですね。特に言うことはありません。